DHEAでの不妊 治療を考える

DHEAって不妊の薬とばかり思われがちです。もちろんDHEAは不妊の薬として有名ですが、DHEAは性ホルモンの分泌に関係し、精力アップ、男性と女性の不妊や卵子の不妊治療に用いられることが多いことに加えて、DHEAは中高年の精神面のケアや中年以降のふさぎ込みに良いとされ、気分的な開放感を与えるとされています。
名前はデヒドロエピアンドロステロンといい、成分としては南米の山芋から発見された栄養素で、日本の自然薯(じねんじょ)にも似た成分が含まれています。
ここでは、DHEAでの不妊 治療を考えるうえで、様々な情報を整理、解説してみます。

dhea 不妊

DHEAの不妊薬以外の効能

DHEAでは不妊薬としての期待がありますが、次のようなことも言われています。

- 効能 -
① 精力が高まる
② 気分・記憶力・集中力が高まる
③ 免疫能力が強まる
④ インシュリンの正常な分泌を助けて糖尿病を予防する
⑤ 老化防止

- 懸念 -
① ニキビや体毛が増えることがある
② 乳ガンや前立腺ガンのリスクを高める
③ 肝臓への負担

とにかく情報を集めたり、医者に相談したりして適切な処方を心がけることが必要です。
詳しい情報が次にサイトに記載されています。

アキュア漢方鍼灸院
http://acure.exblog.jp/8091993/

DHEAの不妊薬としての副作用

DHEAは不妊薬として使われることが多く、その副作用についてもいろいろなところでいわれていますが、DHEAはもともとからだの中にあるものであり、加齢とともに減ってきているものを補うだけなのだから副作用の心配はないという意見もあります。
このサイトで確認してみてください。

ISPOT
https://www.ispot.jp/column/sterility/hanabusaclinic_1010.html

DHEAの不妊薬としてではないアメリカでの事情

DHEAは不妊薬としては、アメリカではポピュラーではありません。サプリメントとしてはポピュラーなのですがあくまでアンチエイジングという観点からのようです。
日本で、DHEAを不妊治療のために処方される量というのは一日に70mgで、これはアメリカのサプリメントに含まれる量(10mg~30mg)と比べるとかなり多い量になります。
それだけに副作用がないはずがないというのがこのサイトの意見になっています。

妊娠しやすいカラダづくり
http://www.akanbou.com/qa/qa.2008022901.html

DHEAを不妊治療に使用した体験談

DHEAを不妊治療のために摂取している方々の貴重な体験談も数々報告されています。いくつか紹介しますので、ぜひご参考になさってください。

さくらの道
http://manondesroses.blog43.fc2.com/blog-entry-33.html

ひなの日記
http://www3.diary.ne.jp/logdisp.cgi?user=344372&log=200606

kiyoyaの日記
http://d.hatena.ne.jp/kiyoya/20070324

DHEAによる不妊治療を扱った本

DHEAによる不妊治療を扱った本もあります。気になる方は一読してみてはどうでしょうか。

「卵巣を若返らせ、赤ちゃんができる!」